三味線をもっと楽しく、もっと自由に!

教室しゃみせん 楽家
カートを見る
マイページ
お問い合わせ
ホーム 教室 オリジナル お買い得 三味線販売 三線(さんしん)販売 小物 修理
 

マスコミ掲載

安価で簡単!まずは三味線に触れる

邦楽ジャーナル(2016年3月号掲載)

安価で簡単!まずは三味線に触れる

店主の濱谷拓也氏は「三味線をもっと自由に楽しんでもらいたい」という思いで、「カンカラ三線」をヒントにしペール缶を使った三味線作りのワークショップを実施していたが、缶に穴を開けるのが意外と大変で試行錯誤しながらダンボールの胴に至った。
三味線本体は四角い胴の「SHABO」(長さ785ミリ、重さ328グラム、税別5075円〜)と、胴が八角形の「しゃぼ八」(長さ900ミリ、重さ357グラム、税別6000円〜)の2種類。(内容を一部抜粋)

2016.1.28 北日本新聞 掲載

水橋中生 三味線に挑戦(2016.1.28 北日本新聞掲載)

北日本新聞(1月28日掲載)

水橋中生 三味線に挑戦

富山市水橋中学校(同市水橋舘町、田中万希子校長)で27日、三味線教室が開かれ、生徒が伝統楽器に親しんだ。
同校では昨年から、和楽器を学ぶ音楽の授業として三味線教室を実施。ことしは計3回開き、2、3年生全員が演奏を体験する。
この日は2、3年生の1クラスずつ授業に参加。三味線専門店「しゃみせん楽家」(同市東岩瀬町)の店主、濱谷拓也さんが講師を勤務め、三味線の音の出し方や演奏の姿勢、歴史などを紹介した。(内容を一部抜粋)

2016.1.28 北日本新聞 掲載

紙三味線 土産用に改良( 2015年12月31日 富山新聞掲載 )

富山新聞(12月31日掲載)

紙三味線 土産用に改良

富山市東岩瀬町の三味線専門店「しゃみせん楽家」は、
胴が段ボール製の三味線を、分解して手軽に持ち帰りできる
お土産パックの開発に取り組んでいる。
胴には五箇山やおわら風の盆の風景をデザインして
富山の魅力をPRする。北陸新幹線で訪れる観光客が増える中、店主の濱谷拓也さん(44)が発案、春の観光シーズンを見据えて研究を重ねている。(内容を一部抜粋)

2015.12.31 富山新聞 掲載

ベストショップコンテスト(北日本新聞 2015.12.8)

富山新聞(12月8日掲載)

ベストショップコンテスト2015 優良接遇賞
しゃみせん楽家


沖縄から津軽、初心者向けから上級者向けまで、三味線と付属品を幅広く取り扱っている。
店内にはステージとして使える三味線教室用の小上がりもある。
店主の濱谷拓也さん(44)=写真=は「伝統音楽として敷居が高いと思われがちだが、三味線は本来、気軽に弾ける楽器で、店は流派を問わず、楽しく交流できる場にしたい」と話す。
(内容を一部抜粋)

2015.12.18 北日本新聞 掲載

三味線 気軽に楽しんで(2015年12月18日 北日本新聞掲載)

  
北日本新聞(12月18日掲載)
信濃毎日新聞(12月17日掲載)
岐阜新聞掲載(12月26日掲載)

三味線 気軽に楽しんで

胴が紙でできた三味線を、富山市東岩瀬町の専門店「しゃみせん楽家」が販売しているぞ。
やわらかい音色と手頃な値段が魅力で、ファンも増えているんだって。三味線は難しそうに見えるけど、考案した店主の濱谷拓也さん(44)は「これなら気軽に楽しんでもらえる」って話しているよ。
名前は「しゃみせんBOX(ぼっくす)SHABO(しゃぼ)」。
組み立て式で、段ボールでできた胴の部分に、木製の棹を差し込むんだ。(内容を一部抜粋)

2015.12.18 北日本新聞 掲載

紙の三味線 お気軽に(2015年8月8日朝日新聞掲載)

朝日新聞(8月8日掲載)

紙の三味線 お気軽に

富山市岩瀬地区で「しゃみせん楽家」を営み、三味線の教室や修理・販売を手がける。昨年、胴が紙製の三味線「しゃみせんBOX」を作り、販売を始めた。
三味線の師匠だった母君子さんの影響で興味を持ち、中学2年の時、「卒業生を送る会」で演奏すると、拍手喝采を浴びた。それ以来、三味線は「相棒」となった。

会社員時代、三味線を弾くと言うと珍しがられ、すぐ名前を覚えてもらえた。一方で、「古くさい。爺さん、婆さんが弾くもの」と思われると、腹が立った。「誤解されている相棒を何とかしたい」と2013年3月、「しゃみせん楽家」をオープンした。(内容を一部抜粋)

2015.2.2 北日本新聞 掲載

「三味線、気軽に楽しんで」富山の浜谷さん

朝日新聞.com(8月8日)

「三味線、気軽に楽しんで」富山の浜谷さん

富山市岩瀬地区で「しゃみせん楽家」を営み、三味線の教室や修理・販売を手がける。
昨年、胴が紙製の三味線「しゃみせんBOX」を作り、販売を始めた。
「ベンベン」でも「ボンボン」でもなく、アコースティックギターのような独特な音色で、
約370グラムと軽い。
「リビングにギターを置いて気軽に弾くみたいに、三味線も楽しんでほしい」と話す。(内容一部抜粋)

動画はこちらから。

SHABOからレッスンバナー
出演依頼

マスコミ掲載 お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

ショップ営業時間
月・火・木・金曜/10~18時、
土・日曜、祝日/10~17時
※教室は毎日朝9~夜9時のご都合のよい時間に事前予約いただきます。

★午後1時まで入金が確認できたご注文について在庫があるものに関しては、当日中に発送を手配致します。入金確認が午後1時を過ぎた発注に関しては、翌日以降の手配になりますことをご了承下さい。
★毎週水曜は定休日につき、発送手配はお休みをいただきます。
★イベント出演のため臨時休業をいただくことがあります。ご了承下さい。
★年末年始の営業時間については、このページ内で別途ご案内致します。

ページトップへ