安価で簡単!まずは三味線に触れる

邦楽ジャーナル(2016年3月号掲載)

店主の濱谷拓也氏は「三味線をもっと自由に楽しんでもらいたい」という思いで、「カンカラ三線」をヒントにしペール缶を使った三味線作りのワークショップを実施していたが、缶に穴を開けるのが意外と大変で試行錯誤しながらダンボールの胴に至った。
三味線本体は四角い胴の「SHABO」(長さ785ミリ、重さ328グラム、税別5075円〜)と、胴が八角形の「しゃぼ八」(長さ900ミリ、重さ357グラム、税別6000円〜)の2種類。(内容を一部抜粋)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA