べんちゃんの紙ディジュリドゥ

梱包材(プチプチ)が巻いてある長い紙管を、パーカッションプレーヤー・ヤマダベンちゃんが、

アポリジニの民族楽器「ディジュリドゥ」のように吹いています。これをつくるワークショップが、

GW中の富山市民プラザで開催されます。楽家が紙三味線なら、こちらは「紙ディジュリドゥ」。

期間中には、民謡ユニット「ででれこでん」のライブに、我らがスタッフ美里も参加。

チケットはしゃみせん楽家にて販売中です!

※右に首を傾けてご覧ください(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA